忍者ブログ
観賞済みまたは観賞したい映画についてひたすら紹介するブログ。たまに日記書いたりお気に入りの本や音楽の紹介もするよ!
Calendar
<< 2017/09 >>
SMTWTFS
12
3456 789
10111213 141516
17181920 212223
24252627 282930
Recent Entry
Recent Comment
Category
10   9   8   7   6   4   3   2  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
coldpreydvdcover原題:Fritt Vilt [英語版タイトル:Cold Prey]
監督: ロアー・ウートハウグ
製作: マーティン・サンドランド, マグネ・リングナー
脚本: トーマス・モルデスタッド
撮影: ダニエル・ヴォルドハイム
音楽: マグヌス・バイト
出演: イングリッド・ボルゾ・ベルダル(ヤニッケ)、ロルフ・クリスチャン・ラーセン(モルテン)、トーマス・アルフ・ラーセン(エイリク)、エンドレ・マーティン・ミッドスティーゲン(ミカル)、ヴィクトリア・ウィンゲ(イングン)
劇場公開日(ノルウェー):2006/10/13
DVD発売日: 2008/12/05
特典映像:オリジナルトレーラー/日本版プロモーション映像
販売元: タキ・コーポレーション
時間: 90 分
ジャンル:サスペンス/ホラー
受賞歴:2007年度アマンダ賞(Amanda Awards)&パブリック・チョイス・アワード(Public Choice Award)の最優秀主演女優賞受賞[イングリッド・ボルゾ・ベルダル] / 2007年度アマンダ賞最優秀作品賞ノミネート

関連サイト:公式サイト / IMDb / タキ・コーポレーション / Allcinema.net

評価:★★★☆☆

【ストーリー】
スノーボードを楽しむ為、人気のない雪山を訪れた5人の若者たち。人の手が介入していない大自然の中、パウダースノーを楽しんでいたが、仲間の一人が足を骨折してしまう。救助を呼びたくても周りには人影すらなく、携帯電話も圏外で通じない。そこで救助を呼ぶ為歩いていると古びた山荘を見つけるのだった。そこは昔、ホテルとして使用されていたようだが、火事にみまわれ今は使用されておらず、誰もいなかった。彼らは寒さをしのぐ為ホテルに留まる事にするのだが、その時から自分たち以外の誰かが住んでいるような気配を感じ、仲間が一人ずつ消えていくのだった・・・。

予告編:オリジナル(ノルウェー)


左は日本盤、右は米国盤DVD(2009年1月20日発売)。米国盤にはメイキング映像、ミュージックビデオ、ショートフィルム二編、NGシーン集、特殊効果についての説明、予告編、TVスポットなど特典映像が盛り沢山!!
 

拍手[0回]


-----------------------------------------

これはノルウェー産のスリラー/ホラー映画です。原題は"Fritt Vilt"で、米国盤DVDのタイトルは"Cold Prey"。

普通のホラー映画によくありがちなストーリー展開(お決まりのパターンを踏襲しているから目新しさがない)に極寒の雪山というシチュエーションに醸し出される閉鎖感、徐々に明らかになる悲しい真実。そして廃業したホテル内に潜む殺人鬼の正体と生い立ち・・・。

ノルウェーの映画って初めて見たけど、これはなかなかの良作。ストーリーは本当にごくありきたりで、普通のアメリカン・スラッシャー・ホラー映画 -いわゆる「13日の金曜日」みたいな若者連続殺人映画- を見ているようだったけれど最後まで見れました。

なんでもこの映画はロアー・ウートハウグ監督のデビュー作で、本国ノルウェーで大ヒットし、数々の映画祭で賞に輝いたそうです。また、『エイリアンVS.プレデター』などを手掛けるGhost ApS社が特殊効果を担当。

あ~怖かった・・・。

最後までハラハラドキドキしながら観てしまったよ(汗)

登場人物に感情移入できるので、一緒に恐怖を体験した気分になります。中でもモルテンというキャラクターが好きでしたね。五人の中で一人だけ恋人がいなくて(あとの四人はカップル二組)、おまけに足を骨折してしまうという何ともトホホな目に遭う(涙)すぐに殺されるのかと思いきや、最後まで主人公たちと共に殺人鬼に立ち向かっていくわけです。

久しぶりに後味スッキリな映画に出会いました!

いやぁ~これは良い!

DVDには何故か日本語吹き替えがなかったのですが、まぁそれはそれでいいでしょう。オリジナル音声はノルウェー語ですが、時々英語の台詞が混じってます。"Yeah baby"とか"Jesus Christ!"とか。登場人物の一人がよく口にする「悪魔め!("Satan!")」が何故か個人的にツボでした

ノルウェー語もちょっとだけ覚えましたね。例えば・・・

こんにちは: God dag. [グダーグ]
おはよう: God morgen. [グモーン]
こんばんは: God kveld. [グクヴェル]
はい:Ja. [ヤー]
いいえ:Nei. [ナイ]
おはよう・こんにちは・こんばんは:Hei! [ハイ]
何?:Hva? [ヴァ]
ありがとう:Takk! [タック]
おやすみなさい:God natt. [グナット]

昨年には本国ノルウェーで続編("Fritt Vilt II")が製作、同年10月10日に劇場公開されました。記録的な興行収入だったらしく、「ノルウェーの映画史上最も恐ろしい映画」と言われています。この続編もいつか日本上陸となるのか?!

この手の映画が好きな人は楽しめると思います。
 

PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック
この記事にトラックバックする →
プロフィール
HN:
Haruka
年齢:
31
性別:
女性
誕生日:
1986/07/11
趣味:
映画観賞
Fanlisting
フリーエリア
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ